J's TAP STUDIO 伊勢純子 タップダンススタジオ

名古屋市中区錦一丁目15-13 佐久間ビル2F
http://www.ise-phill-tap.com    TEL 052-323-2568    FAX 052-323-2568 
 
メモ
ロケーション
タイムスケジュール
クラス紹介
インストラクターの紹介
ピアニストの紹介
J's TAP
BuTu BuTu
ムービー
フォトギャラリー
リンク
トップへ

トップページBuTu BuTu > Chapter4


BuTu BuTu

* Chapter11 >>
* Chapter10 >>
* Chapter 9 >>
* Chapter 8 >>
* Chapter 7 >>
* Chapter 6 >>
* Chapter 5 >>
* Chapter 4 >>
* Chapter 3 >>
* Chapter 2 >>
* Chapter 1 >>


Chapter4

どうしようかと迷ったが、やはりまたNYに来てしまった。
7月7日(土)のJazz&Balletの公演を済ませてとりあえずNYに入ったがすでにTAPCity2001は、盛大に開催中であった。
7月7日〜7月15日に開催された”TAPCity2001” TAP Festival には本来の目的にしている
仕事のあいまを縫って参加させてもらった。
Tony waag &Productions.Inc とThe ATDO系のArtistsがStuffも務めながらWorkShopとIventsにもというすさまじいばかりの活躍ぶりで頭が下がる思いがする。
このすばらしい人たちの努力で、世界中のTAP人口が集結した感があった。
この時期参加しようかどうしようかと迷っていたのでWorkShopもIventsも、予約なしで取りあえず出かけたので、ぶっつけであった。

WorkShopにはStuffの Ofer Ven と Margaret Morrisonの協力を得て何とかもぐりこませてもらった。
Iventsは、7月9日〜7月15日まで毎日 The Duke On 42nd Street Studioで開催された。
WorkShopを、うけもった先生達を含む全ての出演者達は全くのオリジナリティを要求されるすごいものであると同時に、一方で20世紀に活躍したTAP Masters の ルーティーンを継承されていたことは感動であった。
TAPとAmerican Cultureとのかかわりが私の中に脈々としみこんでくる・・・・・・・。
同時に Peggy Spina から受け継いだ数々のMastersのルーティーン、TAP Master自身から教わったルーティーンなど・・・・・・。
私達にとっては宝物である。

その後パソコンが故障をし
その間に同時発テロ問題が起き、
この時期出入りしたワートレもなくなってしまった。
時節はずれだが一応UPしてみた。